脱パチのマインドセット

パチンコをやめる方法19 パチンコをやめられない3つのタイプ

投稿日:

応援お願いします!!
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

私がパチンコを辞めた理由とパチンコから受けた悪影響について

私は就職してからこれまで、かれこれ10年弱パチンコに依存してきました。晴れの日も雨の日も。嵐の日も雪の日も。どんなときでもパチンコ屋に行きました。

はっきり言って「ドクズ」でした。そんな私が、パチンコにハマってしまう人の特徴をいくつかあげてみます。

時間を持て余している人

一つ目は、時間を持て余している人。パチンコはよく休日に人が入ります。休日にやることがない人がフラッと立ち入り安い場所です。

店内は広くて多くの客がいますが、台は一人で座り干渉されることもないので、慣れてくれば割と快適に感じられてしまいます。

ただし、実を言うと本当は時間を持て余しているなんてことはそんなになかったりするんですよね。

そのパチンコに行っていた時間を別のことに充てることはどれだけでもできるのです。

例えば私なんかは家に数十本、もしかしたら百本を超えるくらいの未クリア未プレイのゲームがあります。これらを一体どうするのでしょうか・・・(笑)

とは言いつつも答えは簡単で、休みの日は外に出ないでひたすらゲームをするというのが一番の選択なわけです。

他にもアフィリエイトやメルカリを頑張ってみたり、マラソンをしてみたりと、やることや出来ることは山ほどあるのです。

つまり、本当に時間を持て余している人なんてそんなにいないってことなんです。

 

田舎者ほどパチンコをやめられない

二つ目は地方の特性。まパチンコ店は全国各地、おおよそどんな地方にでも存在します。

これはどうしてかというと、方の人たちは休日に何かしようと思ってもやることが少ない(都会の人に比べて)ためパチンコに行きやすくなるのです。

私の地元なんかもパチンコ屋ばかりがあります。しかしながらどこもボッタくり営業満点なのですが・・・(笑)

地方だと言ってもオシャレな店や大きなデパート等があればまだマシですが、パチンコ店が一番大きな建物の町などは特に目につきやすくなってしまいます。

また、地方の人たちは都会の人に比べ、給料が低いケースが多いです。そしてそのことに劣等感を抱いてる人も多くいるというのもあります。

田舎者は都会に憧れますからね~!と田舎者が申しております(笑)

しかしながらそのような田舎にいて給料の少ない人が手軽に給料を増やす方法としてパチンコが選ばれているフシがあります。

パチンコをやめられない理由として、どうしてもお金への執着というものがあるのでこれも脱パチを阻害する要因でしょう。

 

負けず嫌いはパチンコをやめられない

そして三つ目は、負けず嫌いだったり一つのことに固執しやすい人。大抵パチンコで負けた人はパチンコで取り返そうとします。

ここで負けたことを認められる人であれば問題はないのですが、負ければ負けるほど取り返そうと躍起になり、

さらにお金をつぎ込みまた負けて、更にさらにパチンコのことしか見えなくなっていきます。

 

パチンコで勝つと脳に興奮物質が分泌されたり、同じ手の動きや店内の爆音を聞き続けることで一種のトランス状態に陥りやすくなります。

そうなると、パチンコを打ち続ける時間が長くなるほど正常な判断ができなくなるのです。

パチンコで負けるとお金を失う分ショックが大きく、負けた後数日から長いと数週間もショックを引きずる人もいます。

パチンコが中心の生活になると、日常の生活にも支障をきたし、パチンコで負けた分を食費を削ったり暖房や冷房を我慢したりと健康に影響を及ぼすこともあります。

パチンコ店というのはボランティアではありません。立派なビジネスです。だからこそ、店が必ず収益をあげられるようにできているので、多くの敗北者を生み出します。

その中で特に精神が弱い人は廃人同然まで追い込まれてしまうのです。普段から会社などで認められない人ほどパチンコでの大当たりの快楽や優越感に浸りやすいため、当たりをずっと追いかけ続けることになるのです。

 

パチンコをやめたいならパチンコを捨てろ

パチンコを辞める方法は、上記に書いたパチンコに行ってしまう理由を改善することで達成できます。

休日はとにかく予定を入れること、特にパチンコに興味を持たなかったり否定的な人との接触が重要です。

 

パチンコ以外のことで自分が興奮できるようなことを探し、仲間を巻き込んで楽しむことでパチンコのことが頭から離れていきます。

地方に住んでいる人は、人や建物の少ない地方を離れ、都会に出かけましょう。活気がある町にはパチンコ以上に刺激的なことがたくさん待っているものです。

我が県などは遊ぶと言えばゲーセン・カラオケ・パチンコ・飲み屋・ボーリングしかありませんからね(笑)

こんなところにいたら遊びを忘れてしまいます(笑)

 

一つのことにのめり込みやすい人は、趣味や興味のあることを探すことが重要です。

特にパチンコにのめり込みやすい人は勝負事のスポーツをおすすめします。私は職場の先輩におだてられて以来、マラソンを続けています。

マラソンをしたりゲームをしたりと、色んな趣味を持つようになると、徐々にパチンコ以上にそれらの趣味にのめり込んでいることに気づきました。

 

パチンコにいくことは無為に時間を潰し、自らを滅ぼす可能性があることはあなたも知っていると思います。

パチンコは本気にならず、有益なことに自らを赴かせるように行動していくとよりよい未来が待っています。

  • この記事を書いた人

ヒキパパ(HKPP)

脱パチをして任意整理をした借金を返済しながらゲームや子育てを楽しんでいる30代の引きこもり大好きパパです。 家で楽しく過ごすために日夜頑張っています!

-脱パチのマインドセット
-, ,

Copyright© 禁パチからの脱パチ.com , 2019 All Rights Reserved.