パチンコをやめる方法 脱パチ1 心の章

パチンコをやめる方法20 パチンコとビジネス

投稿日:

応援お願いします!!
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

ビジネス的観点から見てパチンコがお金儲けにならない理由

 

パチンコでお金を稼ごうという人は世の中に山ほどいることだと思います。

実際パチンコ雑誌などを読んでいたらパチプロやスロプロと呼ばれる人たちはたくさんいます。

それにあこがれて「自分もパチンコパチスロで食っていこう!」と思う人は少なくありません。

人によっては

「ギャンブルで負けたお金をギャンブルで取り返すためにプロみたいに頑張ろう!!」

という人もおられると思います。

しかしながら、結論から言って「パチンコでお金を稼ぐのは不可能」です。

 

理由はいくつもあります。

例えば

・パチンコは胴元が儲かるものだから

とか

・パチンコで勝つにはそれだけの知識と足が必要

とか・・・。

 

しかし、それはあくまで

「パチンコパチスロを金儲けの手段として考えた場合」

の理由です。

少し視点を変えて話をしてみましょう。

 

「ビジネス」

 

とは、どうして成り立つのでしょうか?

突然こんなことを聞かれてもぴんとこないかもしれません。

ビジネスが成り立つ理由・・・それは

 

「誰かの有益になることが供給されているから」

 

です。

ビジネスとは、お金儲けのために成り立っているのではありません。

 

そもそもビジネスってなによ?

例えば新入社員に「あなたのイメージするビジネス」について聞いてみると

「会社のために働いて、給料をもらうこと」という考えになることが多いと思います。

 

そこから仕事を続けて社会人としての意識が育ち、社会的な視点が広がっていくと

「社会のために働いて、需要と供給が一致することで有益になる」

という考え方が芽生えてきます。

なんだかこんがらがってくるような話なのですが、

ポイント

つまりビジネスというのは

世の中に「悩みや要望、欲求など」があってそれを解決すること」で成り立つものなのです。

そこにその対価、付加価値としてお金が関わってきます。

 

パチンコとビジネスを照らし合わせてみるとメリットがない

パチンコパチスロの話に戻りましょう。

私たちが勝った負けたで考えているパチンコパチスロ。毎回数万円のお金が動いています。

 

しかし、数万円をパチンコで使うことで私たちの悩みや要望、欲求は満たされるでしょうか?

 

例えばビジネスでは顧客の悩みなどを解決することでその対価としてお金が発生します。

パチンコパチスロで、誰かの悩みや欲求は確実に解決されるでしょうか?

勿論客側としてはお金を払って「遊技」をするわけですから、パチンコをしたいという欲求は満たされるかもしれません。

しかしお金が返ってこない、もしくは勝てないと、私たちの欲求は満たされることはほぼありません。だって負けたら悔しいですもんね(笑)

 

ここがポイント2

ビジネス的な考え方でお金とパチンコパチスロを見つめ直すと、

ただ遊戯場で遊戯をしているだけの私たちには、遊戯をしたいという欲求が満たされたとしても、

お金をもらう理由がそもそもないのです。

 

店側が私たちの欲求を満たして更にお金までくれるとなると、それはまさに慈善事業と言うほかありません。

 

パチンコ屋もビジネスなのですから、私たちのパチンコをする欲求を満たしてくれているので、

その対価として40分1万円(パチンコで当たらないと大体このくらい)をもらう権利があります。

私たちはある意味払う義務があると言っても良いくらいかもしれませんね。

 

そのようにビジネスとして考えると、私たちがパチンコをしてお金を稼ぐことが出来る理由というのは益々無くなってしまいます。

ちなみに、世の中のパチプロといわれるたちは年間の稼働日数が概ね150日かそれ以下であることが多いです
大体2日に1回行くかどうかという感じですね。

なぜそんなに少ないかというと、その台のスペックやシステム、釘の状況や設定を調べ上げ、勝てる確率が高い台だけを狙っているからです。

そして、プロの人たちは雑誌でコラムを書いたりテレビにでたりして、他の部分でお金を稼いでいます。コラムやテレビ攻略記事などを見て
一般のパチンカーやスロッターは楽しみますし、それを参考にしてうまく立ち回ろうと努力します。

するとただぼろ負けするよりはちょい負けですむと言うことも増えてくるでしょう。

 

そうなると私たちのニーズに応えてくれているプロの人たちは、パチンコパチスロで稼ぐのではなく、執筆や実践稼働などで収入を得ることが出来ます。これは立派にビジネスが成り立っています。

まとめると、とにかく勝とうとしてほぼ毎日パチンコやパチスロを打って負けている人たちは、ビジネス的視点で考えると何も供給をしていないことがわかります。ただ遊んでいるだけです。

(それがある意味正しい姿と言ってもいいのですが・・・。)

なので、そもそもパチンコパチスロでお金を稼ごうと考えることが間違いであることがわかりますね。

本気でパチンコパチスロだけで稼ごうと思ったら、尋常じゃないほどの実践と、良い台を探して走り回る時間と労力を必要とします。

そう考えたら普通に働いて人々のために頑張ってその対価としてお金をもらった方がましだなって思えますね笑

 

しかしながら、職場や家のストレスのはけ口としてパチンコパチスロが存在しているというのも間違いではないと思いますので、

勝とうとまでは思わなくても通いたくなる気持ちは良くわかるものです。

 

かといってただ単純にゲームとして遊べるほどゲーム性の高いものでもないので、結局

「お金が返ってこないとつまらない」=「お金を使ってまでやるほど魅力のある遊戯ではない」

という考えに至るわけで。パチンコスロットなんてやらないほうがましだなって思いませんか?

パチンコをすることでのメリットというのがせいぜい「楽しかった」というものだけなのは明白です。

パチンコをしないメリットのほうが圧倒的に大きいのも明白です。

さて、あなたも少しずつパチンコをやめたくなってきませんでした?

ご清聴ありがとうございました!!

  • この記事を書いた人

ヒキパパ(HKPP)

脱パチをして任意整理をした借金を返済しながらゲームや子育てを楽しんでいる30代の引きこもり大好きパパです。 家で楽しく過ごすために日夜頑張っています!

-パチンコをやめる方法, 脱パチ1 心の章
-, ,

Copyright© 禁パチからの脱パチ.com , 2019 All Rights Reserved.