体験談

GA(ギャンブラーズアノニマス)に参加した方の体験談 その2

更新日:

応援お願いします!!
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

脱パチは一人では難しい。という人にはGAをお勧めします。

どうもヒキパパです!!

先日GA(ギャンブラーズアノニマス)の体験談を一つご紹介しました。

今回はもうお一人お話を伺ったのでご紹介したいと思います。

非常に詳しく書いてくださっており参考になると思いますよ~。

ちなみに前回記事はこちら

GA(ギャンブラーズアノニマス)に参加した方の体験談

応援お願いします!! にほんブログ村GA(ギャンブラーズアノニマス)に参加したことありますか? どうもHKPPです! 平成も終わりに近づく今日この頃、いかがお過ごしですか? しかし私たちの令和はすでに ...

続きを見る

ではどうぞ!

 

GAに参加した体験談

依存症のことを話し合ってみた

GAはギャンブル依存症の方のため自助グループですが、僕は過去自助グループで有名なここに通ってた時期がありました。その経験通じ、どういったところなのか話します。

まず、ギャンブラーズアノニマスの「アノニマスは匿名といった意味で、参加者は本名ふせてニックネームで呼ばれてます。

初回まず資料、キーホルダーのような記念品もらえます。会場くとまず運営費を支払いますとはいってもこれは100円で、それをコピー代などに使うのでしょう。

参加者数場所により違いますが、僕が通ってたのは、週1回開催毎回15名ぐらいいたところでした

そして、ここはギャンブルやめるための場所なのですが、現在進行形でやめなくてはならないわけではありません

なかなかやめられない方いれば、やめてたのにスリップした方も。中には会場に来る前までパチンコしてた方もいたりしました。

ギャンブル依存症は回復しない病気であるということを受け入れて、治療でなくギャンブルそのものから離れるというのが個々の姿勢です。また、脅迫的ギャンブラーは一人ではギャンブルやめられないため、匿名者同士境遇を話しあって共有します。そしてミーティング開始すると、一人にギャンブルに関わる話をするのです。いろいろな方いますが、例えばギャンブルで人格おかしくなってたと話す方、借金抱え離婚寸前な方など本当に境遇は色々です。

会場みなさん落ち着いて話してますが、どの方も波乱の道歩んだのがうかがい知れます。

ちなみに僕はギャンブラーズアノニマス数度通って就職理由でいかなくなったのですが、正直なところ効果はよくわかりません。しかしながら、GAに行かないで家にいると耐えられなくなってしまって、結局パチンコ屋に行ってしまいます。

GAに行けば、ここでは自分と同じように病的ギャンブラーが多く、同類がたくさんいるといった意識がギャンブルへの熱を下げてくれますその点を考えれば効果はあると思います。

ちなみにここの仲間のこと他言無用で詳しく書けないですが、かなり病気と思ってたと同じような感じの方いたりして、他人事と思えなくなり、パチンコ屋通いは止めるべきだと実感しました。

ですがGAに通うのやめると一気にパチンコ屋通いは再発してしまいます。ギャンブル依存症の完治はあり得ないといったことは今でも強く思っていて、きっとこれからもそうだと思います。

ですが、今現在パチンコ依存症で苦しんでいる方がおられたとしたら、GAに通うことで、ギャンブル依存が軽くなったり、少なくとも酷くなることはないのではないかと思います。GAはいいところです。

 

辞めるためというよりも話の共有が重要

前回の体験談でもお話がありましたが、GAに参加することの意義を考えると、

「どうやってパチンコをやめるのか」を話し合う場ではなく

「パチンコで苦しむ人と境遇を共有して話し合う」というような場だということがわかります。

言い方を変えれば苦しみを分かち合うという感じでしょうか。

今回の体験談を教えてくれた方も、自分は酷いパチンコ依存だと思っていたようですが、周りの人の話を聞くことで、

同じように苦しむ人が自分以外にもいるということが分かったようです。

周りの人と苦しみを分かち合うだけでも気持ちが楽になるということもあるでしょうし、変な言い方ですが、

自分よりも大変な思い、酷い状態の人の話を聞いたら「自分はもっと頑張らねば・・・」と気持ちが上がることもあるでしょう。

 

前回もお話ししましたが、私はGAに行ったことはないですし、今現在はパチンコを脱してしまったのでお世話になることもないかと思います。

しかしながら、GAなどの自助グループと同じような役割は果たすことができると思っています。

今後このサイトやTwitter、いろんなつながりの中で、パチンコ依存に苦しむ人たちに「あなただけじゃないよ」と手を差し伸べてあげられる人間になりたいなと思います。

依存症は病気という観点で言えば完治するものではないかもしれませんが、辞めることは可能です。

共に頑張っていきましょう!!

  • この記事を書いた人

ヒキパパ(HKPP)

脱パチをして任意整理をした借金を返済しながらゲームや子育てを楽しんでいる30代の引きこもり大好きパパです。 家で楽しく過ごすために日夜頑張っています!

-体験談
-, ,

Copyright© 禁パチからの脱パチ.com , 2019 All Rights Reserved.