パチンコをやめる方法 脱パチ3 体の章

ドーパミンを増やして禁パチしよう!

投稿日:

応援お願いします!!
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

つまりはドーパミンを増やそう!というお話。

どうもヒキパパです!!!

眠たい・・・春ですな・・・・・。

これまでドーパミンなどの脳内物質についての話は敢えてしてこなかったのですが、今回ちょっとしてみようかなと思います。

なぜしなかったかというと「そこらじゅうで話が出てるから」でした。

しかし、いろいろ読んでいると、ドーパミンを出す=悪というような風潮が強い気がしたので今回改めてお話ししようかと思ったわけです。

初めに結論から言うと「ドーパミンを出して禁パチもできるよ!」ということです。

パチンコとドーパミン

ドーパミンとは脳内で生成される物質で、よくパチンコとの関係に言われるのが「パチンコをやることで快楽物質として分泌される」というお話です。

禁パチをするとドーパミンやらその他脳内物質が生成されず、中毒症状になってしまうという話はこれまで嫌というほど話に出てきましたし、私自身も聞いてきました。

これは決して間違っているわけではないのですが、それだけというものではありません。ドーパミンがただ気持ちいい物質だとか、そんなに浅いものじゃあないってことなのです。

ドーパミンは快楽物質と言われますが、それ以外にも大きな役割があります。それは「やる気」に関する役割です。

ドーパミンの濃度と、脳内の場所によって行動的かそれとも怠け者かというのは違ってきます。

ドーパミン濃度が高ければ高いほどやる気は満ち溢れ、新たな壁を越えようと努力できるのですが、濃度が低い場合、目の前のわずかな報酬にしか目がいかなくなるのです。

ドーパミンを分泌する方法はいろいろあるのですが(後述)パチンコというのはそれが非常に簡単にできてしまうものです。

ハンドルを握ってボケーっとしているだけでいずれ激しい音と光や出玉の高揚感などでドーパミンは出ます。確かに気持ちのいいものなのですが、これがなぜ良くないかというと理由としては二つ。

注意

・何度もやってると慣れてしまって段々と深みにはまる

・あまりにもコスパが悪すぎる

という点でしょう。

ドーパミンは出れば出るほど体が慣れてきてしまいます。薬とか色んなことも同じですよね。慣れてくるともっと欲しいと、貪欲になってしまいます。

そしてパチンコで当たるまで一生懸命お金を使うわけですが、パチンコは40分で1万円が消えてしまう「遊び()です。1万円で100%ドーパミンを出す方法があれば絶対そっちのほうがいいはずなのに、簡単に出来るパチンコにみんな逃げてしまうわけです。

先ほど話したドーパミンの濃度の話もここにつながるのですが、ドーパミン濃度が高ければ高いほど、パチンコに頼らずにもっとアクティブに貪欲になれるということなのです。

やる気=小刻みな報酬

ほならやる気が出るようなドーパミンの出し方があるのかどうなのかというお話でございますけれども。

それが・・・ありまぁす!!!

よく言うのは

適度な運動

人と会う

しっかりした睡眠

とかそういう類のものです。もちろんこれは正解です。

(正確にはドーパミンを出すというよりも、幸福物質であるセロトニンを出す方法ですが・・・)

しかしながら、突然「こういうのが大事だからやればパチンコやめられるよ!!」

なんて言われても、頭の中が

777 777 777 777 777 777・・・・・・・・・」

となっている人からしたら全く魅力的には感じないでしょう。

お金を払ってぼーっとしているだけでたまにドーパミンが得られるのですから楽で仕方ありません。

しかし、それこそただ快楽をむさぼって時間とお金を浪費するだけで、あまり生産的ではないのも事実。

では逆に、どうしたら

「やる気が出るようなドーパミン=禁パチをしても出せるドーパミン」

の出し方ができるのかという話です。

その答えはこちら

「小刻みな報酬」

です。

例えば「適度な運動が。ジョギングをすればドーパミンが出るから走ろう!」と始めたとしても、

これまで運動をほぼしていない人が突然ジョギングをしても身体を痛めたり筋肉痛になったり、思ったより走れなかったりと色んな壁にぶつかります。

そうなると、やる気なんて元々なくてパチンコに依存している人たちは

「やっぱ無理!パチンコしてたほうが楽でいいや」

となってしまいます。

ではどうするのか。

「今日は初めてだからゆっくり5分だけ走ろ!」

と、自分でもできるくらい簡単な目標から始めていけばいいのです。

ゆっくり5分走るとなると、距離にして数百メートル程度。

これくらいなら簡単に達成できる目標です。

まずはそれをこなして「できた!!」という達成感=心の報酬を得ることができます。

そこから毎日でも1日おきでも構いませんので、少しずつ距離や時間を伸ばし、ペースを上げるなどしていくことで、得られる報酬がどんどん上がっていきます。

継続して確実な達成感を得ることで、ドーパミンは増加しやる気も上がります。

ちなみにこの時にしてほしいのは「達成したらポジティブな振り返りをする」ということです。

「自分はちゃんと目標も達成できるやつだ!えらい!」

と自分を褒めてあげることで、自己肯定感にもつながります。

他のことも一緒です。

人と会うのも、いきなりパーティに参加するのが苦手なら仲のいい友人に1対1で少しだけ会うところから始めましょう。

逆に1対1が苦手なら、人の集まるイベントなどに顔を出すだけでも構いません。

とにかく自分のできる範囲のことをやってみて、出来たら「自分えらい!」と褒めてあげるのです。

これを続けることでドーパミンはいい感じで分泌され、やる気もぐんぐん上がるわけです。

例えばですが私もサイトの更新が途絶えたらやる気が削がれますが、毎日更新できると「よし!明日もやろっと!」とやる気が段々と出てくるものです。

このエンジンのかかった状態が続くとパチンコで楽してお金や快楽を得ようという気分は起きなくなります。結構人間て単純だけどそこに至るまでがキッツいんだなって実感しました()

これは心を鍛えるというよりも身体を鍛えているといっても過言ではありません。

脱パチを目指すなら、脳や身体を鍛えるのも重要です!とりあえずできるところからコツコツやってみましょう!

パチンコで快楽やお金を得るのは簡単そうに見えて難しいです。しかもパチンコをした代償はとてつもなく大きく、一度払った代償はなかなか取り返すことはできません。

今のあなたが未来のあなたに与える影響は一体どんなものなのでしょう?出来る事ならいい影響を与えられるようにしていきたいものですね。

  • この記事を書いた人

ヒキパパ(HKPP)

脱パチをして任意整理をした借金を返済しながらゲームや子育てを楽しんでいる30代の引きこもり大好きパパです。 家で楽しく過ごすために日夜頑張っています!

-パチンコをやめる方法, 脱パチ3 体の章
-,

Copyright© 禁パチからの脱パチ.com , 2019 All Rights Reserved.