コラム

禁パチの葛藤 

投稿日:

応援お願いします!!
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

(この記事は旧ブログで2018年12月ごろに書いたお話です。再放送的な・・・!)

パチンコ打ちたくて仕方ない話

どうもヒキパパです!!

昨日ワケあってぱちんこ屋に行きました。
結果としてパチンコは打たずに店を出ることに成功したわけですけども!!えらい!!

ということで。今日はパチンコ店に入ってから出るまでの約10分ほどの僕の葛藤のお話をしたいとおもいます。
パチンコ依存症の屑が一体どんなことを考えているのかというのを知ってもらいたいなーと思ってます(笑)

 

ちなみにガチリアルな話をしたいと思いますので、ぱちんこ依存に苦しむ方は欲求が再発するかもしれないので
あまり深く読まないようにお願いします。
どちらかといえば、ぱちんこ依存の恋人や伴侶のいる方に読んでもらったほうがいいかもと思ってます。
依存症の人間はこんなこと考えてるんだなーと思って何か解決の糸口になればうれしいです。

では続きをどうぞ!!

 

PM6:00 パチンコ屋に向かう

仕事が終わったヒキパパ。
あるパチンコ屋の会員カードに2200円の残高があり、そろそろ期限切れで消滅してしまうので、
その清算に某パチンコ屋に向かう。

まずはすぐに精算機に会員カードを突っ込む。
・・・つもりが、一瞬

HKPP
「2200円の残高だし、200円だけ打ってもいいかな・・・?」

などと考え始めるも、我に返ってすぐにその考えを打ち消す。

そして清算した2200円を財布に入れる。

すぐに店から出ればいいものを、

HKPP
「せっかくだし台がどんなものがあるかだけ見ていくとするか・・・あと客層と・・・」

などとよくわからないことを考えてとりあえず店を一周ぐるりとしてみる。

とはいっても打ちたいと思う台はほとんどない。どれをみても正直つまらなそうなものばかりである。
そんななか、甘デジの仮面ライダーV3が目に留まる。

HKPP
「1ぱちだしなー。2000円あれば一回は当たるだろうな~・・・・」
HKPP
「お金のためにぱちんこを打つのはだめだけど、純粋に仮面ライダーが好きなんだから  お金のためじゃないから打ってもいいかな・・・」

などと、びっくりするほど自分に都合のいい考えを頭に浮かべ始める。

しかし、Twitterで偉そうに「1週間達成!」などと言っているヒキパパ。

ここで打ってしまって更に「今日もパチンコ打たずに過ごせました!」などと嘘を言えばきっと罪悪感がすごい。

V3の台の前でしばし立ち止まる。ふと当たり回数を見たら30回近く当たっている。

HKPP
「こんなにたくさん当たってたらなんとなくそろそろハマりそうだな・・・いや!ハマるに違いない!!!」

と自分に言い聞かせその場を離れる。

そしてもう1周・・・いくつか気になる台はあるものの、そのたびに自分に「ここで打たなきゃ9日達成だぞ!」と言い聞かせる。

ひとしきり回ったところで、なんとなく0.5パチコーナーへ。

0.5ぱちだと100円で200玉。ゲーセンのレートと全く一緒である。

HKPP
「同じ100円200玉ならゲーセンでもここでも一緒なことなんじゃないか・・・?」
HKPP
「0.5パチで2000円を少し増やして、だんだん増やしていって5万くらいにできないかな・・・?」

などと根拠のない無茶な理論が頭を駆け巡る。しかし、0.5パチを眺めても打ってみたい台が全くない。

数年前なら打ちたいと思える台が沢山あったような気がするが、規制後は本当に打ちたい台が減ったなと考える。

 

ひとしきり眺めて、最後に向かったのがマッサージチェアコーナー。

HKPP
「マッサージ機だけ使って帰るか・・・」

とマッサージチェアに近づくと、なんと驚愕の言葉が。

 

 

 

「10分100円」

 

・・・・なんだってーーー!?!?!?

今までマッサージチェアは無料で使えたはずなのに、10分100円という制限がついていた。
それを見た瞬間「ぱちんこでお金を使ってるのに、休息用のマッサージチェアまで・・・」と意気消沈するヒキパパ。

1ぱちで1000円が何も当たらずに終わったら大体15分くらい。
(ちなみに4ぱちで10000円ストレート負けだと所要時間は40分)

それと比べれば10分100円は安いものではある。・・・しかし100円を入れる気にはならない。

仕方ないので自販機でちょっとよさげなコーヒーを購入し(140円)それを持って店を出るヒキパパ。
あったかいコーヒーを飲みながら、車を走らせて帰路につくのであった・・・・。

おわり

 

パチンコを打たずに終えられた喜びは大きい

はい、ということでこんな感じでなんだかんだぱちんこを打たないで店を出ることが出来ました。
そして今日で10日達成です。

やっぱりTwitterでカウントするのは効果がありますね。
みんなの顔(見たことないけど・・・)が浮かんできて、自分にもみんなにも嘘ついちゃだめだなって思えました。

今回は打ちたい台が全くなかったので店を出ることが出来ましたが、これが5年くらい前だったら多分打ってしまってたなと思います。
昔は魅力的な台が非常に多くて、打ってて勝っても負けてもまだ楽しんでいた気がします。

今はマジでお金のためだけにぱちんこを打っては、つまらない運に左右されているだけという感じがします。
もうすでに運とかそういう次元でもないかもしれないですが・・・。

依存症真っ盛りの方はきっと僕が今回経験した15分ほどの間で3回はスリップしちゃう機会があったのではないでしょうか。
例えば

そもそも店に入ったとき

好きなパチンコ台を見つけたとき

レートを下げてゲーセンで打ってもここで打っても変わらないと言い訳を考えたとき

といったところです。
どこでそれを止められるかは本人の意志の強さかもしれません。
もしくは自分を客観的に見て「今ぱちんこを打つのは自分にとって本当に得策なのか」と考えられるかどうか。

尤も依存症に関してはぱちんこが根本の原因ではなく、生活や人間関係において原因がある場合は、それをまず解決することが先決です。
何故かというと
「俺がパチンコをするのは職場が(もしくは嫁)悪いからだ!
 そのせいで俺はストレスが溜まっていて、発散できるのはパチンコしかない!」

という風に逃げの言い訳になってしまうからです。

私もなんとか最近は職場や家庭での状況がよくなってきたので、ぱちんこ依存と戦うことが出来るようになりました。
これまでならぱちんこを辞めたくても「家や職場で報われないんだからぱちんこ屋に逃げ込むしかない」と考えていたので。

だからこそ、ぱちんこ依存というのは当人だけで解決できるものではないんだなというのを実感しました。
恋人や家族の協力が不可欠であり、それと当人の努力が上手くかみ合うことで依存は克服できるようになるんだなと。

まだまだ僕も依存から抜け出したわけではないですが、今までよりは解決の糸口が見えてきたような気がしています。
みなさんもあきらめずにぱちんこ依存からの脱却を目指しましょう!一緒に頑張りましょー!!!!

長文失礼しました。おわりです!

  • この記事を書いた人

ヒキパパ(HKPP)

脱パチをして任意整理をした借金を返済しながらゲームや子育てを楽しんでいる30代の引きこもり大好きパパです。 家で楽しく過ごすために日夜頑張っています!

-コラム
-,

Copyright© 禁パチからの脱パチ.com , 2019 All Rights Reserved.