脱パチのマインドセット

過去に生きろ~妄想から未来を創るワザ~

投稿日:

応援お願いします!!
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

過去は未来が作るものだ!!

ということでどうもヒキパパです!!

お盆も終わりましたが、パチンコ行かずにいいお盆を過ごせましたか?

お盆の季節は延長営業をしているパチンコ屋が多いのですが、先輩の情報によれば、延長営業をしなくなったお店も多いようです。

もしくは期間を短縮したところもあるようで。結局昔ほどパチンコ屋も稼げなくなってきているということでしょうか。

延長営業自体は僕は嫌いじゃないんですけどね~。パチンコという非日常感に更に非日常を上乗せした感じが(笑)

ただお金使うの勿体ないし行きませんケド(笑)

 

さて、今日はパチンコを辞めるために自分を洗脳させるヤベエ技を教えます。

結構抽象的なようで具体的な脱パチ方法だと思うのですぐ実践できますぞ!!

 

これまでの自分を捨てろ!

パチンコに繰り返し行ってしまう理由として挙げられるのは

過去の自分がそうさせている

ということがあります。

心理学でいうところの「好子」と「嫌子」というものです。

簡単に言えば、良いことと悪いことです。

これがあるために、何らかの出来事ののちに行動が変わる「行動随伴性」というものが起こるのです。

 

パチンコに当てはめると

好子・・・良いこと(パチンコで大勝)があるともっとしたくなる

嫌子・・・パチンコをすることで悪いこと(ストレスなど)がなくなったのでもっとしたくなる

ということになります。

これが繰り返されると、段々と毎日でもパチンコを打ちたくなっていくのです。

 

時間の考え方

いきなりですが、この世界の時間ってどんな風に流れていると思いますか?

一般的に言われているのは

「過去から現在、そして未来」という風に、古い方から新しい方へと向かっていくものだと思われています。

過去があるから未来へとなんらかの影響が及ぼされるという考え方です。

ドラえもんでセワシ君が未来を変えに来たのと同じですね!過去が未来を作っている状態です。

これはユダヤ・キリスト教の古い考え方がもとになっています。

 

しかし、アビダルマ仏教哲学によれば

「時間は未来から現在、そして過去」という考え方をしています。

 

ちょっと変な例え話

昔々あるところで、川で洗濯をしているおばあさんのところに大きな桃がどんぶらこと流れてきました。

おばあさんは桃がそんなに好きではなかったのでこの桃を取りませんでした。

しばらくしたら、そのあとに大きなスイカがどんぶらこと流れてきました。

おばあさんはスイカがめっちゃ好きだったので大きなスイカを拾って家に持ち帰りました。

そのスイカを割ると男の子が生まれたのでおじいさんとおばあさんはスイカ太郎と名付けて(以下省略)

・・・何だこの例え。

さて、この話のなかでおばあさんのもとには桃とスイカが流れてきました。

もしも桃を拾っていたら桃太郎が生まれたかもしれません。仮に桃もスイカも拾わなければ〇〇太郎のお話もなかったことでしょう。

なので、どちらを拾うかでおばあさんの未来は変わったかもしれません。

しかし「桃を取らなかったらスイカが流れてきた」ということに関しては、どちらにもなんの関係もありません。

「桃を取らなかった」という過去「スイカが流れてきた」という未来にはつながらないのです。

つまり、その過去未来に何の影響も与えていません。

なんなら、桃を取ってもスイカは変わらず流れてきますし、そうなれば桃太郎とスイカ太郎の二人になっていたかもしれませんね(笑)

 

さらに未来が過去を作ることを掘り下げましょう。

おばあさんは桃が流れてきたときに「いやワシ桃嫌いやしいらんな・・・」とちょっとなんだか嫌な気分になりました。

しかしスイカが流れてきたときに「スイカやん!めっちゃラッキーやん!!!」と喜んでスイカを拾いました。

つまり、桃が流れてきてアンラッキーだった過去は、スイカが流れてきたという未来でラッキーに変わったということです。

ちょっと屁理屈臭いですか?(笑)

 

未来→過去を仕事で例えてみよう

仕事において、もしも使えない部下がいたとします。

そんな時にあなたは何故そう思うのでしょうか。

 

それはきっと、過去の経験がそう思わせているのだと思います。

「前に仕事を頼んだら失敗した」

「礼儀がなってないところを見た」

とかそんな感じです。

もしも部下を育てようと思ったら、過去を見るのではなく未来を見ていく必要があります。

「使えない時期があったからこそ学びや成長があって、立派な部下になった」という未来です。

どんな過去も、来たるべき素晴らしい未来へのために必要な要素なのです。

「未来はいつでも最高にいいものだ!」と思って行動していると、そのように変わっていくものです。

 

 

禁パチの方法「未来と過去」

ここまで読んでなんとなく「未来が過去を作る」ということが頭に入ったと思います。

しかしなかなか納得できるものでもないですし、そもそもこれと禁パチに何の関係があるのって思いましたよね?(笑)

ではここから禁パチに絡めてお話していきます!

 

「脱パチ」以前にやるべき「禁パチ」において必要なのは

「パチンコをしないで過ごす理想の一日」を想像することです。

 

もしもパチンコをしなかったらどんなことをしようか、どんなことができるのか。

それをしっかり頭の中でイメージする必要があります。

 

たとえば僕なんかはアフィリエイトをめっちゃやりたかったので、パチンコをしないでひたすらパソコン作業をするのが理想の生活でした。

しかし、家のパソコンはちょとスペックがあれだし家だと誘惑も多いので、漫喫でやろうとしました。

つまり
「休日は漫喫で6時間パックくらいでひたすらパソコンをやって、終わったら子供を迎えに行ってご飯作って遊んで寝る」
のが理想の楽しい生活でした。

 

しかし、これがなかなかできずに休日は結局パチンコ屋に行って1日お金と時間を浪費し、後悔して帰るというのがいつものパターンだったのです。

 

休日にパチンコをしてしまった原因「過去しか見てない」

僕が休日にパチンコに行ってしまっていた原因としては「パチンコに行く過去しか見ていない」ことが大きな原因でした。

というのは、人間の脳というのは

「昨日までの自分が重要だと判断したものを今日も重要だと判断する」ためです。

人間の脳にはRAS(網様体賦活系)という働きがあります。これは簡単に言うと、自分に重要なものを自動でピックアップする機能のことです。

 

RASによる働き~カクテルパーティ効果~

良く言う話で、どんな人ごみやパーティ会場であろうと、自分の名前を呼ばれたら何故かちゃんと聞こえるというものがあります。

これはカクテルパーティ効果といわれ、自分に重要な情報はどんなガヤガヤしていてもちゃんと聞こえるというものです。

脳は自動で自分に重要なものを判断しているわけです。

 

このRASの働き、つまり重要なものの判断というのはこれまでの自分の生き方や過去が関係しています。

なので、僕の場合は休日にパチンコにいつも行っていて楽しく過ごせていたという過去があるため、次の休みになっても

「前の休みはパチンコでめっちゃ楽しかった」という過去を脳が重要だと判断してパチンコ屋に向かうことになるわけです。

逆に、休日に漫喫に行くことはほとんどないですし、初めて行く漫喫だと登録方法やシステムがわからないので不安で、脳もあまり重要性を感じません。

そのため パチンコ>>>>>漫喫 という優先順位になってしまっていたわけです。

 

じゃあ過去を作るしかねーじゃんという話

ということで、理想の未来を見ようにも、そんな理想的な過去がそもそもないので想像もできません。

そうなると、これまでの過去の中で重要だったもの(パチンコ)が優先されてしまうわけです。

じゃあどうしたらそれが解決できるのか。

未来が過去を作り、その過去に生きるには未来を自分で作るしかないのです。

 

僕の例で具体的に言えば「無理やりにでも一度漫喫に行ってどんな場所かを見る」ということでした。

今の時代はネットでどんなことでも調べられます。

なので、僕は自分の一番行きたい漫喫を調べました。

元々一人カラオケができる漫喫があるのをテレビで見てからそこに行きたいと思っていたので、まずはカラオケがあるお店を。

そして次に、電子マネーが使えるところを調べました。

何故なら僕は現金を持っていないから!!

禁パチのために現金を持たずに生きる話は↓コチラ↓になります。

禁パチ7つ道具 その1「金庫」

応援お願いします!! にほんブログ村脱パチ教材に即効性はあるのか どうもヒキパパです!! 本ばっかり読んでいると頭から煙が出ますなぁ。それとも暑いからかな?   さて、今日のお話ですが、脱パ ...

続きを見る

 

結果として

・電子マネー使用可

・持ち込みOK

・金額もリーズナブル

・1~2人用カラオケがある

という条件の店を発見しました。

更にネットでの口コミや、電子マネー可の情報をしっかりと得て、いざ店に突入~~~!!!!!

 

・・・・割とあっさりできました。

まあそらそーですわな。漫喫ですもの。

そして、一人カラオケを堪能!!

カラオケ部屋にはパソコンもあるし、アフィリエイト作業をやって疲れたらカラオケでリフレッシュ!!!

なんかプロっぽいマイク

↑こういうやつ

もついててヘッドホンで自分の声を聴きながら歌えるからなんかプロになった気分!!

めっちゃ楽しい!!!!

 

ということで、「漫喫に行くという未来」「休日に漫喫で楽しんだ過去」に変わりました。

もちろんたった一回行っただけですぐに習慣が変わることはありません。

パチンコの刺激や呪縛は非常に強いので、まだまだ「パチンコが重要な過去」があるのです。

なので、一度漫喫に行くという過去が出来たので、そのあとも繰り返し漫喫に通って「休日は漫喫にいるのが重要」と脳に覚えこませました。

1ヵ月(僕の場合は漫喫に行けそうな休日は7回ほどでした)も続けたらかなり習慣化し、今では自然と漫喫に足が向いて、そこでアフィリエイト作業をするようになりました。

僕の理想の未来は、見事理想的な過去の習慣に変わったわけです。

 

まとめ 過去に生きろ

ということで、いかがでしたでしょうか。

禁パチをするための理想の未来を描くには、その未来をなんとかして過去の経験にする必要があるわけです。

もちろん本当の理想の未来はもっと大きな夢ですが・・・。

(家に引きこもりながらお金をめっちゃ稼いで、空いた時間に仮面ライダーのコスプレマスクを作りたい!!・・・ていう夢です(笑))

 

ただ、大きな理想ある未来を作るために、自分ができる理想の未来を実現し、それを過去のものとすることで理想的な過去に生きることができるようになるのです。

理想的な過去は脳もそれを重要と判断してくれます。それがまた未来へとつながり、その未来の実現が更に良い過去を作ります。

こうして段々と理想の自分へと近づくことができるのです。

 

ですので、もし今パチンコをやめられなくて苦しんでいる人がいたとしたら。

それはあくまであなたの過去がそうさせているのです。

未来は見えないものですが、あなたが想像できる未来はいつでも最高なものだと思ってください。

その未来がこれからのあなたの過去を作っていくのです。

あなたの未来はいつでも最高なものです。だから過去も最高なものに変わっていきますよ!

 

とりあえずまずは自分のやりたいことを、どんなに無理してでも一つでもやってみましょう。

この一つを過ぎてしまったらあとはもうめっちゃ簡単でめっちゃ気持ちいいはずですから!

 

それでは今日も明日も頑張りましょおーーー!!

 

 

  • この記事を書いた人

ヒキパパ(HKPP)

脱パチをして任意整理をした借金を返済しながらゲームや子育てを楽しんでいる30代の引きこもり大好きパパです。 家で楽しく過ごすために日夜頑張っています!

-脱パチのマインドセット
-

Copyright© 脱パチやるしかねぇじゃん.com , 2019 All Rights Reserved.